歯科では歯を削らずに治療する方法もある!|まるでMagicのよう

白い歯

特徴や構造について

歯間の掃除

まず可児市などの歯科でも受けられるインプラント施術に使われている、インプラントには特徴を紹介します。インプラントは、3つの構造で成り立っています。フィクスチャーという、ネジのようなもの。そして、上部構造の人工歯根、アパットメントと言われるフィクスチャーと人工歯根の連結部分です。中には、フィクスチャーと人工歯根のみで成り立っているインプラントもあります。そんな可児市などの歯科で受けられるインプラントの手術では、抜けた歯の顎骨に、フィクスチャーを埋め込みます。この時、麻酔が効いているので、痛みはほとんど感じないと思います。その埋めたフィクスチャーを支柱として、連結部分となるアパットメントを被せ、そして、その上から人工歯根を被せます。これで可児市の歯科で受けられるインプラントの手術はおしまいです。とっても簡単な仕組みで出来ているんです。フィクスチャーはしっかりと顎骨に固定される為、取れることはほとんどありません。顎骨から固定しているので、物を噛む時、しっかり噛むことができますから、顎骨の発達や、衰えにも影響が出ません。入れ歯などの場合は、しっかり噛めないことで、噛む力が衰えてしまいます。しかし、インプラントなら、すべての歯を今まで通り使って、しっかり噛むことができるんです。そして、抜けた歯の部分とちょうど良い形の人工歯根を使うので、両サイドの歯を削ることもなく、巻き込みません。歯は削るとどんどん薄くなってしまいますし、歯の健康を考えても、削らない可児市などの歯科での治療というのは、ベストなのです。